menu

復縁成功.com

復縁したい人がメールを無視する心理とは!?やってはいけない事

■復縁したい相手からメールの返事がない
その相手の気持ちは! ■

さー!本日も
私、中川と一緒に
最速最短で相手を振り向かせて
復縁が出来る論法を
勉強していきましょう!!

こんばんは!立花事務局
専務の中川です!

相手から返事がない、その気持ちは!

相手に改めて連絡を取るのは
意外に勇気がいることです。

勇気を出してメールを送ってみて、
相手から返信がなかったら
「やっぱり私のことは嫌いなのね・・・」
と感じ、落ち込んでしまうかもしれませんね。

確かに以前に比べると
相手はあなたへ強い感情はありませんが、
返信がないのには
もっと別の理由があるのです。

今、相手は何を考えているか?
「以前」もお伝えしましたが、
相手があなたから離れてしまったということは
『あなたとの心の距離を保ちたい』
というメッセージです。

あなたが近付こうとし過ぎたために
彼のペースを合わず
違和感を感じさせてしまったのです。

あなたがメールを送ってみて
返信が来ないということは
相手はまだ心の準備が
出来ていない
可能性があります。

返信がないからといって焦り、
不安になって何度もメールを送る
などといった行動は取らないで下さい。

ここで焦って行動すると
逆に彼に警戒されてしまいます。

あなたも心の準備もしたように、
相手にも心の準備が必要です。

あなたが辛く、悲しいのは当然ですが、
別れを告げた彼も辛く苦しいのです。
決して急かしてはいけません。待ってあげて下さい。

2人の関係修復に求めらるもの

関係修復のためにメールに
求められるものとは何でしょうか。
関係修復を出来るまで
気を付けなければならないものでもあります。

今の自分の立場を理解する
あなたを悲しませるために言うわけではありませんが、
あなたはもう 彼、“彼女”ではありません。

相手も、関係が順調だった頃のままではありません。

あなたへ対する気持ちが変わっています。

今までと同じような感覚で
メールを送ってはいけません。

関係をリセットさせるためにも、
友達にメールを送るような感覚で考えましょう。

状況を判断する
あなたと相手の今の
関係性ももちろんですが、
その時その場での状況判断が大事です。

メールを送る前に・・・
―――――――――――――
今、彼にメールを送らなければいけないのか?
何故、この文章のメールを送るのか?

を判断しなければいけません。
相手にメールを送る意味を明確にしましょう。

相手のペースに合わせる
あなただけが望んでも、関係修復は達成しません。
あなたのペースと相手のペースが合わなければ
すれ違ってしまいます。

今、相手が少し距離を置きたいと
考えているのであれば、
メールを送らず様子をみるべきです。

反対に、相手が自分を受け入れてくれるようになったら、
メールを送って、仲を深めていけるタイミングです。

戦略を立ててメールをする

どのようなメールを送れば、
今の相手の気持ちを聞けるか?

相手の気持ちを取り戻すためには、
どうしたら良いか?

的確に関係修復を進めるために
このように戦略を立ててメールを送りましょう。

今後、相手が自分をどう思っているか、など
関係修復に直接関わってくる事も探る必要が出てきます。

「僕、私のことどう思う?」と直接聞いてしまうと、
彼、彼女にあなたが彼、彼女の気持ちを
気にしていることが知られてしまいます。

そうすることできちんとした
答えが聞けなくなる場合もあります。

関係修復に関わる事や
相手の気持ちを探る時は
直接聞くよりも
別の話題で誘導する方がスムーズに出来ます。

■相手に悪い印象を与えるNGメールとは■

相手との関係が悪化してしまってから、
相手はあなたに魅力よりも
マイナス要因の方が強く印象残っています。

復縁・関係修復を成功させるには
相手が感じているマイナス要因は
取り除かなくてはいけません。

そのためには相手に嫌悪感を与えないことです。

対面での会話とは違い
メールでは相手の表情を
見ないでやり取りするので、
相手が嫌悪感を抱いてしまっても
すぐに気付けないことが多いです。

相手の気分を変えるような
対処を取ることも出来ません。

メールを送る前に、彼に嫌悪感を
与えてしまう内容ではないか
しっかり考える必要があります。

今までと同じようなメールを送っていては
相手にもう一度振り向いてもらうことは
出来ないかもしれません。

早速、自分が今までに
相手に送っていたメールと見比べて見て下さい。

催促メール

相手から返信がなかった時
○○くんと●●ちゃんと
連絡くれないから寂しいなぁ。
メール返信ちょうだい!

また、返信が遅かった時に
どうしてメールくれなかったの?何してたの?
もっと早く返信ちょうだいよ!
など、相手に返信するように
求めるメールはやめましょう。

メールのメリットは、自分のタイミングで
メール文章を作ることができ、
自分のタイミングで返信出来ることです。
上記のようなメールを送ると

相手からメールのメリットを
奪ってしまうことになります。

相手にとっては

自分のタイミングやペースを
乱されているように感じしてしまいます。
なかなか会えない時は、自分の気持ちとして

そろそろ会いたいね!
と言いたくなってしまいがちですが、
これも控えましょう。
あなたが単に自分の気持ちを
伝えただけだとしても、
相手には
「(最近なかなか会えないから)
そろそろ会いたいね!」

と自分を責めた上で、
催促されているように感じさせてしまいます。

また、相手からの返信がないのに
どんどんメールを送るのはやめましょう。
文章に「返信下さい」と記載していなくても、
その行為自体が催促していることになります。

束縛メール
人は、本能的に
“追われるよりも、
追いかける方が好き”です。

相手にとって束縛的な行為は、
「追われている」と感じてしまう行為です。
週末や、相手の休みの日に毎回
今日は何かするの?
誰と遊びに行くの?
このように彼の予定を毎回細かく聞くのは
束縛感じ感じさせてしまいます。

そして “重み”を感じさせてしまいます。

この束縛が原因で関係が
悪化するケースも多いので
十分に気を付けましょう。

意味を見出せないメール

相手がメールを読んで
「そう・・・だから何?関係ないし。」
「どうして○○ちゃん、●●くんが
それを聞く必要があるの?」

このように不自然さを感じさせてしまう
メールには、相手は返信してくれません。

例えば、
私、僕ね、昨日買い物に行って××買ったよ。
このように、自分の事だけを書いたメールです。

自分の事を一方的に伝えても
相手にとってあなたからのメールは
つまらないものになり、
相手には興味を持ってもらえません。

自分の現状を伝えたい時などは
このように、

昨日買い物に行ったら、××見つけてね!
懐かしくて思わず買っちゃった(笑)
○○くんは、●●ちゃんはまだ××集めてる?

“その話題と絡めた相手への質問”を添えると
相手に不自然を感じさせません。

また、
○○くん、●●ちゃんは□□ってやってる?
○○くん、●●ちゃんは□□をどう思う?
このように、
相手の意見だけを聞くメールです。

ただ、相手に質問を投げかけただけでは

何故、このような質問をしたのか
この質問に答えて何に繋がるのか

など、相手にはわからず、
質問に答える気になりません。

また、人の意見を伺っているだけで
自分の意見がないように捉えられてしまいます。
相手の意見を聞きたい場合は、

今、美味しいお店巡りにハマってるんだけど、
○○くん、●●ちゃんお店に詳しかったよね♪
ランチも美味しいカフェとか知らないかな?

このように、“何故、その質問をするのか”
という理由を添えると
相手に不自然を感じさせません。

相手にメールを送る際は、
その内容、文章にきちんとした
意味があるか見直しましょう。

気遣いメール

もちろん、相手に気を遣うことは
とても大切なことです。

気を遣うことがNGだというわけではなく、
“気を遣ったつもりメール”がNGだということです。

例えば・・・
忙しいと思うけど、たまにメールしても良い?
夜遅くにごめんね。
聞きたいことがあるんだけど・・・(緊急以外)
一見すると普通のメールです。

「忙しいと思うけど」「夜遅くにごめんね」など、
相手への気遣いが見られると
感じる方もいるかもしれません。

しかし、このようなメールを頻繁に送ると
相手に嫌悪感を与えてしまいます。
何故なら上記のメールは
次のような意味にも取られてしまうからです。

勘違いされる別の意味とは・・・?
―――――――――――――――
×忙しいかもしれないけど、僕、私に
たまには、メールしてね

×忙しい時にごめん、仕事中かもしれないけど、
それよりも聞きたいことがあるんだけど
・・・

どういう意味かわかるでしょうか?
“忙しいと何となくわかっているのに
(迷惑だとわかっているのに)
このタイミングでメールを送ってくる人“
と思われてしまう可能性もあるということです。

自分では気遣ったつもりかもしれませんが、
(迷惑だと)わかってるなら、
このタイミングでメール送ってこなければ良いのに」
と思われてしまっては逆効果です。
あなたの考えが正しく伝わっていなければ
全く意味のなさないメールになってしまいます。
このような場合は、メールを
送るタイミングを考え直すのがベストです。

また、「夜遅くにごめんね」とか
「返信いらないから」などの前振りを
頻繁に使うのはやめましょう。

反省メール

関係を悪化させてしまった事に対して
自分の非を認め、反省・謝罪することは大事です。

しかし、回りくどい言い回しや、
頻繁な反省・謝罪は逆効果になってしまいます。

例えば、
あなたを責めてしまったこと、謝りたい。
あの時、あなたを傷付けてしまって悪かったと思ってる。
このような言い回しでは、
素直に反省しているようには感じられません。

反省や謝罪の際は、
素直に、ストレートに伝えるべきです。

「ごめんなさい。」と言った方が
素直さも伝わりますし、
彼もストレートに受け取ることが出来ます。

また、
あの時はわがままばかり言ってごめんね。
あれから何度も考えてるけど
やっぱり私、僕が悪かったわ。
本当にごめんね。

反省や謝罪のメールは一度で良いです。
何度も繰り返すと相手に罪悪感や、
「謝れば済むと思ってるんだ」と
嫌悪感を与えてしまいます。
他にも

あの時はごめんなさい。
でも私、僕はもうあの時とは違うよ。
このように自分から、
変わったことをアピールするメールや

私、僕が あなたに迷惑をかけた事はわかってるけど
・・・今後どうしたら良いかわからない。

自分を責めるようなメールを送ることもやめましょう。
自分からアピールしても、押し付けがましいだけですし、
自分を責めることで相手に罪悪感を与えしてしまうので
逆に嫌悪感を与えてしまいますのでNGですよ。

今日の論法は如何でしたか?

今日のお話もあなたが確実に
復縁を成功させる為には
とても重要かつ
頭に入れておくべき部分ですので
今後、頭の中にインプットして
バッチリ活用してくださいね。

そして、ここで、もう一つ
↓↓
では!復縁が、進まないと悩んでいる
そんなあなたに、復縁成功を手にできる、吉報です!

すぐにでも、復縁活動が進んでいただくために
今!質問したい!
今!解決したい!

そんなお気持ちに応えて
ライン無料相談窓口を開設しました。

私、中川とお友達になって気軽に
質問飛ばしてください!
登録は、こちらから!

アカウントから検索される方は
↓↓↓↓↓↓
@svv5914e

QRコードからは
↓↓↓↓↓↓

LINEあっと登録ボタン

友だち追加

LINEあっとQRコード



関連記事

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30