menu

復縁成功.com

復縁がうまくいかない!?専門家のノウハウから学ぶ!

■復縁が上手く進んでない!ときは、これ!! ■

こんにちは立花事務局専務
中川あつしです。

本日もいつも通り私と一緒に
復縁成功の勉強を致しましょう!!

本日も宜しくお願い致します。

今日は、あなたに是非覚えておいて頂きたい
復縁が出来る秘訣を2つです!

では、宜しくお願いします。
では、お話を始めていきますね。

 ① 「自分の状況を分かっている」ほうを。。

先日、こんなご相談がありました。

「仲の良いAさんから、今は元カレは
そっとしておいたほうが いいと思うと言われました。

でも、普段はあまり話をしないBさんという知り合いから
今のうちにアプローチしたほうがいいと言われました。

Bさんは恋愛の達人で、とってもモテる女性なので
そんなBさんが言うなら・・・と彼にアプローチしました。」

ご相談をくださったSさんは、同じ社会人サークル内で
お付き合いをしていた彼と復縁したいと思っていました。

仲良しの友人Aさんに相談をしてみたところ、彼はご相談者Sさんと
別れて少し気まずそうだから、そっとしておいてあげたら?という
ことでした。

ですが、Sさんとしては彼と接触をしたかったのでしょう。

恋愛上手なBさんに相談をし、アクションすべきという
アドバイスに心躍ったようです。

さて、あなたなら、AさんとBさんの意見、どちらを信じますか?

ご相談を拝見していると、色々な復縁情報に迷ってしまい、
どう動けばいいのか分からなくなっている、というものを
時々お見かけします。

確かに、どれも正しいような気がするし、どれも危険な気がする。

どれを信じたら良いのか分からない、と思うこともあるでしょう。

そんな時には、自分の状況を一番良く分かってくれている情報を
信じてみたほうが良いです。

上の例で言うなら、確かにBさんの話は魅力的です。

もともとBさんは恋愛上手ですから、彼女のいうことに従って
いたなら、復縁できそうな気がするでしょう。

しかも、自分では勇気が出なかった「彼にアプローチする」
ということの背中を押してくれています。

ですが、ここで注意すべきなのはBさんの意見は「Bさんなら」
という前提であるということ。

恋愛上手で復縁経験のないBさんから見たら、ご相談者Sさんの
お悩みは簡単に解決できそうに思ったかもしれません。

ちょっと可愛く「やり直したいの」と言えば復縁なんて
カンタンにできると思っていたかもしれません。

逆に、Aさんの意見は冴えないかもしれません。

彼に接触しないほうが良いというものですから、接触したい側としては

「本当にそれで良いのか」
「今いかなくて、後で後悔しないのか」

など思ってしまうかもしれません。

ですが、Aさんはご相談者Sさんと、その元カレをよく知っています。

二人の関係をよく知っている上でのアドバイスなのです。

さて、ご相談者のSさんは、Bさんの意見を参考に彼に
アプローチしました。

なぜなら、やはりBさんのアドバイスは魅力的だったからです。

結果は、彼に拒絶されてしまいました。

それを聞いたBさんは言いました。

「そんな男、サイテー。
さっさとやめて、他の人にすれば?」と。

Aさんはこう言いました。

「だから刺激しないほうが良いって言ったのに。
もう諦めたら?」と。

Aさんの意見を聞いていたら、上手く行ったのかというと
それは分かりません。

ですが、少なくとも2人から呆れられて、彼からも拒絶される
という事態は免れたのではないかと思います。

私はこのご相談を拝見していて思いました。

もし、このAさんとBさんの意見の
どちらを取るかという判断を迫られたら、
おそらくBさんの意見を取る方が多いのかな、と。

人間は、自分にとって都合のいい方の意見に流されがちです。

例えば、思いっ切り食べて、ゴロゴロしていても
どんどん痩せていく、という薬があったら。

ものすごく魅力的かもしれません。

それが体にどんな影響を与えるのか。

気になるけれども、「運動しなくても食べまくっても痩せる」
という自分に都合のいい方の意見のほうが強いのです。

それは私もそうですし、しんどいことより、楽な方が
良いに決まっている、と思います。

ですが、本当に体にいいのは、栄養を考えた食事と適度な運動で
痩せることだと思うのです。

それがベストですが、楽ではありません。

ただ、長期的に見た時に、そのほうが良いと思います。

復縁も同じです。

沢山の復縁ノウハウが転がっています。

自分にとって良さそうなもの、という判断をする時に。

2つだけ注意してほしいことがあるのです。

・ノウハウの出処は?本当に復縁の専門家?

・あなたの状況にちゃんと合っている?

例えば、「今すぐ手紙を書こう」という内容だったら。
(実際にこのご相談がとても多いのですが・・・)

彼(彼女)とコンタクトを取りたいと思っている復縁希望者に
とっては、飛びついてしまうかもしれません。

ですが、手紙の与える影響は、意外と大きかったりします。

どれが良いとか悪いという話ではないのです。

あなたの状況や、復縁という前提を考えた時に、きちんと
合致しているものならいいと思うのです。

「したいこと」と「すべきこと」が必ずしも合致しない
ということは、よくあります。

そんなときに「したいこと」に合うアドバイスに流されるより
「すべきこと」を優先したほうが良いでしょう。

誰が本当にあなたの復縁を分かってくれていて、
心からのアドバイスをくれるのか。

あなたの周囲を見渡してみてください。

もしかしたら、あなたにとって嬉しくない意見をくれる
友人かもしれません。

選択に迷った時は、「自分の状況を分かっている」と
思うほうを選んでみてください。

色々な分かれ道で、あなたが最善の選択をできると良いなと
思っています。

その先に、きっと復縁が待っていると思います。

■ ② なぜ、復縁したいと思えば思うほど、
彼(彼女)が上手く進まないなぜか?

・新しい彼女(彼氏)ができたから

・もう好きじゃないから

・時間が経ってしまったから

などなど、確かにそれも一理あるかもしれません。

ですが、復縁がスムーズに前に進む方々には、ある共通点があり
結局のところ、重要なのは「警戒されない」ということです。

一言で言うと簡単ですが、警戒されないとは
具体的にどういうことでしょうか。

復縁がスムーズに進む方には、色々な理由があるでしょう。

・もともと険悪ではなかった

・周りの人がとても協力的だった

・復縁にちょうどいいキッカケがあった

・相手にまだ未練があったから

などなど、挙げればキリがないかもしれません。

ですが、やはり最終的には「警戒されない」状況を上手に作ることが
できていた、という要素が大きいような気がします。

警戒されないために、まずは警戒する前提を考えてみましょう。

例えば、あなたが異性に対して警戒心をむき出しにするのは
どんな瞬間でしょうか。

・よく知らない人に話しかけられた

・好きでもない人から好意を示された

・強引に誘われた

・勝手に自分のことをよそで話された

などなど、自分の意思とは反対の事や、望んでいないことを
されてしまった時に、警戒すると思うのです。

「これ以上近づくなよ」というオーラを出すために、
わざと連絡を無視したり。

「自分はあなたが好きではありません」ということを
分かってもらうために、わざと他の異性と親しくして見せたり。

ここまで読んで、ふと「あれ?」と思いませんでしたか?

自分も元彼(元彼女)にこんなことをされてる・・・?と思ったのなら。

もしかしたら、あなたは警戒されているかもしれません。

ということは、あなたがもしかしたら

「復縁したい気持ちを見せていた」とか

「相手はもう好きじゃないのに、好意を見せてしまった」とか

「強引に誘ってしまった」とか

「勝手に元恋人の話題を他の人に話してしまった」とか、

何か相手が警戒することをしなかったでしょうか。

思い当たるフシがあるなら、少し改めたほうが良いかもしれません。

なぜなら、警戒されてしまうと、あなたの行為がすべて
「復縁したいという下心があるからだ」という色眼鏡で
見られてしまうからです。

親切にしても、素直に「親切な人だな」とは受け取ってもらえなく
なってしまいます。

「復縁したいからやってるんでしょ」と思われてしまうのです。

これでは、確かに復縁は思うように進んでいかなくなりますよね。

では、どうすれば一度警戒されてしまった相手の警戒心を
薄れさせることができるのでしょうか。

例えばここで「もう好きじゃないから」と宣言すれば
良いのでしょうか。

しかし、実際は、わざわざ言うこと自体が怪しいと思われて
しまうことがほとんどです。

先ほどの自分の例で考えてみましょう。

もし、あなたは好きでもなく、相手にもしていない異性が
いたとしましょう。

その異性に言い寄られて、しつこくされたとします。

もう限界だと思ったあなたは、「その気はないし、やめて」
と言いました。

すると相手は「好きじゃなかったし」と言い放ちました。

あなたは、どう思うでしょうか。

「は?」とビックリしませんか?

びっくりした後、紛らわしいことするな、と腹が立つのでは
ないでしょうか。

ということは、警戒している相手に唐突に「もう好きじゃないから」
と言ったとしても、相手は素直に信用してくれないかもしれません。

もしくは、身勝手な言動にイラっとさせるかもしれません。

つまり、警戒している相手に「もう好きじゃない」と
訴えてみたところで、スンナリ事は進まないのです。

では、どうすれば良いのか?

「ずっと気になってたけど、ようやく吹っ切れた」

と、半分認めて、半分は否定するような言い方をすると
良いでしょう。

人間は、自分が信じていたことを全否定されると
なかなか受け入れられません。

もし、地球が実は四角だった、と言われると信じられませんが

ずっと丸だったけど、近年徐々に四角になっていってる、と
言われると「マジで?」と一瞬思ってしまいます(笑)

ですから、あなたが相手に未練があったということを急に
全否定するのではなく、半分だけ認めるのです。

「以前は確かに未練がありました」と。

その上で

「でも今は、吹っ切れて落ち着いた」と言ってみましょう。

すると相手も「そうか、以前の状況は確かに未練があったみたい
だもんな。でも自分から言えるということはもう大丈夫なんだろう」
と判断します。

ポイントは、全部否定しないこと。

相手に信じてもらって、警戒心を薄れさせることが
目的なのですから、伝え方を工夫することが大切です。

正直なことは良いことかもしれません。

ですが、相手の気持ちを考えた時に、いつもいつも
正直に真正面からぶつかるだけが得策ではない場合も
多いと思います。

ぜひ工夫して、あなたの印象アップを図りましょう。
では、本日も中川あつしの
復縁方法、ノウハウ論に
最後までお付き合い頂き
誠に有難う御座いました。

そして、ここで、もう一つ
↓↓
では!復縁が、進まないと悩んでいる
そんなあなたに、復縁成功を手にできる、吉報です!
すぐにでも、復縁活動が進んでいただくために
今!質問したい!
今!解決したい!

そんなお気持ちに応えて
ライン無料相談窓口を開設しました。

私、中川とお友達になって気軽に
質問飛ばしてください!
登録は、こちらから!

アカウントから検索される方は
↓↓↓↓↓↓
@svv5914e

QRコードからは
↓↓↓↓↓↓

LINEあっと登録ボタン

友だち追加

LINEあっとQRコード




関連記事

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30